住宅業者の価格と工事料金の注意点

“業者に住宅を作ってもらう時は、もちろんお金を支払う事になります。不動産ですから、大きなお金が動く事になるのです。できるだけ費用を抑えたくなる事もあるでしょう。
このため住宅作りの際には、各業者が提示してくる価格は、1つのポイントになります。業者によって価格も異なるのですから、各社の数字を比べた上で、業者を選んでいる方々も少なくありません。
ただ数字を比べる際には、別途費用が無いかどうかは注意が必要です。例えばA社とB社は、それぞれ1,200万と1,500万という数字を提示してきました。もちろんAの方が格安なのですが、合計費用を考慮すると、かえってB社の方が安くなる事もあるのです。
というのも住宅作りには、工事があります。電気やガスなどの引込み工事は別料金になっている事も、珍しくありません。もしもA社の工事料金が500万ですと、合計1,700万になってしまいます。B社の方が格安なのです。ですから業者の費用の中に、工事の各料金が含まれているかどうかは、よく確認するのが望ましいでしょう。”