住宅作りでの業者選びと情報の行き違い

“家作りが成功するかどうかは、業者選びに左右されます。自分の要望が正確に伝わるかどうかは、1つのポイントになるでしょう。
注文住宅を作る際には、業者に対して自分のニーズは伝えることになります。間取りやデザインなどに関して、色々と伝えていく訳ですが、最終的にはイメージと違うものが完成してしまう場合があります。間取りが予想以上に狭いという実例も、よくあります。
というのも業者によっては、情報が正確に伝達されていない事があるのです。例えばAという業者に、Bというニーズを伝えたとします。しかしAがCという業者には、Dという情報を伝えてしまっている事もあるのです。それで自分のイメージと異なる住宅が完成するのも、少々困るでしょう。複数の業者が関わっていると、情報の行き違いが生じるのは、よくある事なのです。
ですから業者選びが大切なのです。イメージと違う住宅が完成するのも困りますし、まず資料請求や口コミなどで情報を集めた上で、各社を比較してみると良いでしょう。”